EBOSHI

Moderator
  • Content count

    285
  • Joined

  • Last visited

Community Reputation

379 Excellent

About EBOSHI

  • Rank
    Sr. Spacecraft Engineer

Contact Methods

  • Website URL https://twitter.com/2525_eboshi

Profile Information

  • Location Japan
  • Interests KSP Multi-play on niconico broadcast.

Recent Profile Visitors

2549 profile views
  1. KSPWeekly 2017年8月11日 A Voyage in a Lifetime フォーラム版: ブログ版:http://kerbaldevteam.tumblr.com/post/164072245689/ksp-weekly-a-voyage-in-a-lifetime KSPウィークリーへようこそ! 1989年8月10日、ボイジャー2号によって海王星のリングが発見されました。1977年8月20日に打ち上げられたボイジャー2号は、1979年に木星、1981年には土星、1986年の天王星の調査を経て、1989年10月2日の海王星の探索で任務を終えました。しかし太陽系外の研究という使命を負って、33年11か月と22日間に及んだの旅を今も続けています。ボイジャーの旅の記録はhttps://www.jpl.nasa.gov/voyager/から閲覧することが出来ます。 KSP1.3.1のプレリリースに向けた準備が続いています。もうしばらくしたら詳細を発表できると思います。 コンソール版は膨大な時間を費やしてテストを続けています。 Making History 拡張パック、ミッションビルダー、他の新たなツールの開発も進んでいます。 今回のKSP Challengeは、The Atari Challenge(アタリ・チャレンジ)です ルールは ストックパーツで建造された宇宙船と、デフォルトの物理演算環境。 カービンから打ち上げた宇宙船で、2個以上の小惑星を獲得すること。 小惑星以外とのドッキングや接続は禁止。 ISRUは使用可能。(鉱石を消費すると小惑星の重量は減りますが・・・) 重量測定には、マップ画面の機体情報のスクリーンショットを用いてください。 まず「小惑星を保持した状態での機体重量」を計り、そこから小惑星をすべて分離して「機体重量」を計ります。その差のトン数がポイントです。 さらに、個数ボーナスもあります。上の重量での得点に加えて、3個め以降の小惑星に1個につき「60ポイント」が加算されます。 大きな小惑星でポイントを稼ぐか、小さな小惑星でボーナスポイントを狙うかはあなた次第、ぜひ参加してね。 ツイッターとフェイスブックもよろしくね。 それでは楽しい宇宙旅行を!
  2. このスレッドが Threads of the Month: August. 8月度の注目スレッドに選ばれました! 他の人と機体が被っても大丈夫。同じ機体の作品を違う方法で造ったり、機体じゃない物を飛ばしたりするのも問題なし! 是非参加してね。 Please join us. If you have any questions, please ask me(us) about it. Thank you @Vanamonde! Thank you @Badie! Thank you Kerbonauts all over the universe!
  3. KSPWeekly 2017年8月4日 Taking a ride to the Moon! フォーラム版: ブログ版:http://kerbaldevteam.tumblr.com/post/163801999704/ksp-weekly-taking-a-ride-to-the-moon KSPウィークリーへようこそ! 1971年7月26日~8月7日まで、アポロ計画の九番目の有人ミッションとしてアポロ15号の計画が遂行されました。画像アーカイブは、 https://www.hq.nasa.gov/alsj/a15/images15.html から閲覧することが出来ます。 KSP1.3.1パッチリリースの最終的なテストが実施されています。。 コンソール版はまだテストが続いています。 Making History 拡張パックとミッションビルダーの設計も毎週着実に前進しています。 今回のKSP Challengeは、The Mun Arch Speed Challenge!(ムンアーチ高速通過チャレンジ)です。開催期間はあと1週間残っています。 競技は、ムンの地表のアーチを高速でくぐり抜けよう!というものです。 ツイッターとフェイスブックもよろしくね。 それでは楽しい宇宙旅行を!
  4. 飛行中の後ろ姿がカッコいい・・・ せっかくの大物だし、バーンとでかい画像も張ろうぜ! 端正なスタイルのなかに潜むMk.1クルーキャビン、粋だ。2枚目は画像とコメントでまるで映画のエンディング。 全部にはコメントができないかも。
  5. 絵を描くPETERさんの架空機をKSPで建造するぞ大会 2017! 絵を描くPETERさん(Twitter: https://twitter.com/peter6409)の協力の元、架空機体の建造イベントを開催します。 この企画では、Peterさんがこれまでに公開している架空機をモチーフにして、KSPで建造した機体による展示飛行の画像や動画を募集します。 カーバルスペースプログラム- Kerbal Space Program (Steamストア): http://store.steampowered.com/app/220200/Kerbal_Space_Program/ 絵を描くPETERさんの架空機たち: Twitter: https://twitter.com/peter6409/media Pixiv: https://www.pixiv.net/member_illust.php?id=9429014 機体レギュレーション: 機体はストックパーツのみで構成されたもの。MODパーツは使用不可。 地表からの離陸、飛行、着陸能力があるもの。 SSTO、TSTOによる宇宙飛行は可。 HyperEditは使用不可。 景観MODは自由。 投稿レギュレーション: モチーフにした機体の画像またはリンクは必須。 添付する画像は3枚まで。 SpoilerまたはImgurのアルバムに添付する画像は10枚まで。(上と合わせて13枚) 動画の添付は2分以内に編集したものを1点のみ。動画は画像の枚数に含まない。 機体性能や、紹介文は任意。 Twitter投稿タグ: #KSPwithPETER #KSP Twitter投稿作品: https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%23KSPwithPETER&src=tyah 世界のプレイヤーにも見てもらいたいので、このフォーラムにもぜひ投稿してね。 お問い合わせは @EBOSHI もしくは Twitter: https://twitter.com/2525_eboshi までどうぞー。
  6. KSPWeekly 2017年7月28日 The 9th Planet フォーラム版: ブログ版:http://kerbaldevteam.tumblr.com/post/163535237234/ksp-weekly-the-9th-planet KSPウィークリーへようこそ! KSP1.3.1のバグフィックスやテキストのチェックを進め、ブラッシュアップに余念がありません。 コンソール版はまだテストが続いています。 Making History 拡張パックでは、UI、機能、操作性の改善作業が推し進められています。 今回紹介するのは1.25m-0.625m接続アダプタです。 今回のKSP Challengeは、The Mun Arch Speed Challenge!(ムンアーチ高速通過チャレンジ)です。開催期間は2週間。 競技は、ムンの地表のアーチを高速でくぐり抜けよう!というものです。 レギュレーション: 機体の構成はストックパーツのみ、MOD: HyperEdit は禁止、チートモードは禁止、車輪も使用禁止。コムネットは使用して構いません。 競技のスタート位置は、ムン地表でも宇宙でもOK。 ムンに存在する3つのアーチのうち、どれか1つを出来るだけ高速でくぐり抜けましょう。 EVAのジェットパックで参加するカーバルの犠牲は止むをえません。機体でのチャレンジでは競技後も含めて犠牲を出さないようにしましょう。 通過スピードがそのまま得点になります。 シートに座ったカーバルもクルーとみなされます。 種目: EVAカーバル部門 無人機部門 有人機部門 小惑星部門(機体の接続は問わない) 投稿について: 速度が分かるように、動画でのエントリーを推奨します。OBSやFrapsなどのソフトを使用してくださいね。 ツイッターとフェイスブックもよろしくね。 それでは楽しい宇宙旅行を!
  7. KSPWeekly 2017年7月21日 Docking for peace フォーラム版: ブログ版:http://kerbaldevteam.tumblr.com/post/163262924659/ksp-weekly-docking-for-peace KSPウィークリーへようこそ! アメリカ合衆国とソビエト連邦は、キューバ危機や核開発競争を通じて非常に緊張した関係にありましたが、ベトナム戦争後には融和が進み、この「雪解け」の象徴としてアポロ・ソユーズ計画が実行され、冷戦は終結に向かいました。ソユーズ19号とアポロ18号のドッキングは1975年7月17日でした。 KSP1.3.1、コンソール版の作業は、順調に進んでいます。 Making History 拡張パックではミッションビルダーをはじめ各種機能の作り込みを続けています。 アートチームでは月着陸船の船内モデリングが進んでおり、UI類も調整されています。 KSP Challengeは、引き続き Landing on Duna(ドゥナに着陸せよ)です。酸化剤を使わずに、ドゥナへの着陸を目指しましょう。 ツイッターとフェイスブックもよろしくね。 それでは楽しい宇宙旅行を!
  8. All right! I and my colleagues recognize that the rules of this challenge are very clear and creative. It is a very attractive challenge.
  9. Okay, I hid the previous post once. Since multiple postings are allowed for one challenge, you (we) can publish new achievements.
  10. The challenge of this time can make a variety of approaches. Can enjoy your challenge under your Interpretation of rules.
  11. There should be a condition that the contract content "run in stage sequence". There are two types of test missions, one that operates in the stage sequence and the other that tests with the parts menu.
  12. An attempt with SSTO after thousand of fail trial, finally I did it probably.
  13. It is a nice trial. However, since the image is not displayed properly, it is better to link directly to the address of the image. If the post is long in the vertical direction, you can use a spoiler (eye mark).
  14. KSPWeekly 2017年7月14日 Kerbal Burazāzu フォーラム版: ブログ版:http://kerbaldevteam.tumblr.com/post/162989377729/ksp-weekly-kerbal-burazāzu KSPウィークリーへようこそ! 宮本茂さんと横井軍平さんがマリオブラザーズを世に送り出して、34年の月日が経ちました。後のゲームに大きな影響を与え、いまや古典とも言えるこのゲームは、いまだ多くの人の心に残っており、多くのシリーズ作品が生まれています。 KSP1.3.1に向けた作業は現在も進行中です。 コンソール版の作業は、結構大変なことになっています。 Making History 拡張パックの各機能の作り込みが続いています。 アートチームはRD-107エンジンやR7風の構成を作り込んでいました。こんな感じです。 拡張パックの画面の一部はこんな感じです。 今週のKSP Challengeは、 Landing on Duna(ドゥナに着陸せよ)です。酸化剤を使わずに、ドゥナへの着陸を目指しましょう。 ツイッターとフェイスブックもよろしくね。 それでは楽しい宇宙旅行を!
  15. あー、最近見なかったけどそのバグあったなあ。 たしか、バグが起きたら絶対に保存せず、クラフトデータを別フォルダにコピーすれば、前の状態のデータには復旧できたはず。 ちょっと昔の記憶だから自信は無いけど。